【37】Kodamaプロジェクト

コダマの冒険旅行終わりました。

我ながら、ふと思う。

ただの子供の学習デスクを売るために、何してるんだろ、と。

自分ひとりでできないんで、たくさんの人のお力を借りて。
お客様にも、わざわざ一泊二日で2時間かけて山まで来てもらって、
ヘルメットでたくさん歩かせて。

ただの学習デスクを売るために、なんでこんなに手間と時間をかけるのか。

よく言う「想い」なんて言葉とも違う。そんなに軽くない。

これは僕たち自身の「覚悟」をかけた戦いです。

自分たちを取り巻く、様々な環境の中で、僕たちが生き残りををかけて、
取り組むプロジェクトです。

僕らはモノを作ることができない単なる「売り手」として、
商品を購入する「使い手」にどう価値を伝え、
原材料を含めたモノを作る「作り手」にどう寄り添うのか。

大きな会社を作ることは僕には向いていないけど、誰よりも、より深く、
使い手と作り手をつなぐ事ができるかもしれない。

世の中に数多にある手段の中で、僕たちにしかできないこの手段を、
もっともっと真正面から、やり抜こうと覚悟してます。

お客様と作り手と過ごす一泊二日の冒険旅行第二回を終え、
お客様の満足感を感じ、緊張から解放され、少しの放心状態。

このコダマプロジェクト。

もっともっとたくさんの人を、シアワセにできそうです。

歩みを進めます。

ご参加いただいた使い手の皆様、参加企業コダマスタッフの皆様、お疲れ様でした。
これからもよろしくお願いしますー!


kodamaburogu1